園長室から

いよいよ!part1

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言のため、当園も5月31日まで臨時休園措置をとっておりましたが、緊急事態宣言解除に伴い、ようやく6月から新年度開始となりました。それに先駆けて、来週は在園児の臨時登園日を設け新入園児の入園式も行う予定で現在進めております。

休園になってからのこの三ヵ月間、お仕事の都合でやむを得ないご家庭のお子さんのみと規模を縮小し預かり保育のみ行ってまいりましたが、人数もごく少数。皆様にご協力いただいたおかげとありがたく感謝しております。そのような状況だったので、なんとも寂しい幼稚園でした。その分、ご家庭がよく言えば賑やかだったと思いますが、どうしても私自身お母さん目線も発動するため、家庭のご負担がどれほどだったか…と思うと心苦しさが出てきます。

そんな中、一通のお手紙をいただきました。三月に登園を卒園したKちゃんとそのママのSさんからでした。Kちゃんは幼稚園で楽しかったことと、これから始まる小学校が楽しみなことをたくさん書いてくれていました。そしてお母さんのSさんは、このコロナの影響で家庭にいる我が子達のことをこう綴っています。

『「どんどん離れて私の目の届かない世界へ飛び出していく」と思っていた娘達との思いがけない時間。のんびりした日々は乳児…いや新生児期を思い出します。それに比べたら、言葉は通じるし、家事もしてくれる!何よりも子どもの健康と笑顔が失われないよう祈り、今できることに向かいたいと思います。』

という思いを手紙にしたためて下さっていました。

様々な制限が多く心も体もなかなか自由がきかず窮屈な中で、親も子も双方のストレスがどのご家庭にもあると思います。しかしこうした温かい部分にも触れることができ、手紙を読みながらこのSさん家族の顔を思い浮かべ、心が癒されました♡

お手紙をくれたKちゃんはじめ、新一年生のみんなもあと少しでワクワクでピカピカの一年生☆元気いっぱい小学校を楽しんでほしいと願います。

 

さあ、来週は年中年長の臨時登園日です!

そして27日には新しいお友達の入園式も控えています。

ようやく・いよいよ・待ってました!。。。。。そんな言葉たちがずらりと並びます♡

新しい生活のスタートです。

ちょっぴりドキドキするお友だちもいるかもしれないね。でも、大丈夫!先生達が待ってるよ。そして、なかなか外で遊べなかった分、なかなか思いっきり遊べなかった分、お友だちと一緒に遊ぶ時間がとれなかった分、幼稚園でとことんあそぼうね。

 

 

PS:5月のGW明けから約二週間、子ども達が幼稚園を楽しみに待てるきっかけになればとの思いで始めた在園児限定の動画配信。今日でラストとなります。在園児のご家庭の皆様方、ご視聴ありがとうございました。これからも『今できること』を模索しながら、取り組んでいきたいと思っております。

 

 

園長    伊勢 千春

 

 


カテゴリー: 園だより |
«
»
▲ページの先頭へ