園長室から

七夕の日

7月7日、今日は七夕ですね。

仙台では8月に『仙台七夕まつり』があるので、二度七夕が楽しめるようでなんだか得をしている気分です。

今、幼稚園の玄関をはじめ、各クラスには七夕飾りが飾られています。

短冊には子どもたちそれぞれの今の思いがつづられており、思わず笑ってしまうものから、この子はこんなお願い事するんだ―…と感心するものまで様々です。

七夕飾りを作るのも、立派な製作のひとつ。ハサミを使ってちょうちんのひだの部分をまっすぐ切る、のりで貼るなど、ハサミやのりの使い方も確認しならが楽しんで行うことのできる製作活動のひとつとして取り入れています。自分が作ったちょうちんなどが笹竹に飾られて、「ぼくのはこれだよー」と、とっても嬉しそうな子ども達です。

 

さて、保育室をまわってみると、プールに入っているクラス、プールから上がって一生懸命着替えを自分で頑張っているクラス、外で泡ぶくあそびを楽しんでいるクラス、絵本の貸し出しの日だったようで、絵本棚のところでは家に持って帰って読みたい絵本を探しているクラスなどなど様々でした。

年長組ではお泊り保育が近いということもあり、お泊り保育の夜に行なうキャンプファイヤーを囲んで踊る踊りの練習をしていました。どんな踊りが見られるか、楽しみですね。

曇り空ではあるけれど、みんな元気いっぱい☆

 

今のところ空は雲に覆われているので、夜に天の川を見るのは難しそうかなー・・・。

今日の天気はこんな具合ですが、雨のおかげで、めるへんの花たちは元気です☆☆☆

 

園長    伊勢 千春

 

 


カテゴリー: 園だより |
«
»
▲ページの先頭へ