園長室から

心に思うこと、その時感じたことをそのまま綴る、園長の徒然日記です。

娘の誕生日から想うこと

先月、娘が17歳の誕生日を迎えました。

誕生日といえば、幼稚園でも誕生会を二ヵ月に一回開催し、対象児のおうちのかたにいらしていただき、大きくなったことをみんなで喜び合い祝っています。

誕生日はお母さんのおなかから生まれた日。おなかにいるときから大事に大事にされてこの世に命が誕生した日。ひとつ歳が増えて、できることもたくさん増えてくるということを誕生会ではクラス毎確認し合っています。そして、みんなは一人で大きくなっているのではなく、家族をはじめ、周りの人達のおかげで大きくなっている。だから、誕生日は周りの人にも感謝する日なんだよ、ということを伝えています。

それは我が家の子育てにおいても同じで、娘には小さな時から伝えておりました。

ちょっとさびしい気もしますが、もう高校生の娘には娘の世界があり、17歳の誕生日当日は友だちにお祝いしてもらうとかで夕飯も外で済ませてきたようでした。

親にとってみればいくつになっても子どもですが、このように年齢が進むにつれて親とは少し離れた世界ができていき、それは当然のことでしょう。子どもの成長に寄り添っていく中で、いろいろな面において様々な感情がこちら側にも芽生えてきます。それは少しの寂しさだったり、ここまで無事大きくなってきたという安堵だったり。それと同時に成長していく我が子に、時に驚いたり嬉しくなったりと様々です。少しずつ親の人格とは違う一人の独立した『人』としても確立されていくので、私自身とも意見や考えの相違などでぶつかることもあります。子どもは心身ともどんどん変化していくので複雑な想いもなくはないですが、誕生日の度にやはり成長への嬉しさがこみ上げてきて、子どもが小さかった頃のことが思い出されます。

私は娘を保育園に預けて仕事を続けていましたが、2歳になったばかりの頃に担任の先生から「Iちゃんはそろそろおむつがとれそうなので、明日からトレパンを持たせて下さい。」と言われて驚いたことがありました。まだ2歳になったばかりで家では全くそんな気配はなく、トレパンの準備を一切していませんでした。しかし、先生から話を聞くと、保育園ではトイレに喜んで行っている、自分で尿意を感じてトイレに行けばだいたい成功している…とのことでした。そしてその日の夜、慌ててトレパンを買いに行ったのを今でも覚えています。私にとっては急な出来事のように思えましたが、こうして幼稚園で子ども達を見て、先生達の関わり方を見ていれば、このようなことは急なことではないのがよくわかります。成長に結びつく姿になるには毎日繰り返される丁寧な声掛けや寄り添い、そしてある程度の大人側の根気なども必要で、何度もの失敗も寛容に受け止めるおおらかさが日々積み重なり、子の成長につながっているのです。ですから、ここに至るまでには保育園の先生方の援助があったからなのだろうなーと思い、今でも感謝をしています。何気なくできているように見えることの背景には、こうした大人の小さな少しの支えや導きがあるのです。ですから、普段子ども達をみていると、入園したての頃と比べて今ではこんなことができるようになったんだ…とか、こんなに笑顔であそべるようになったのだなーなどと微笑ましく感じることが多々ありますが、日々の積み重ねがあってこその成長だということを実感しています。

 

そして私自身、娘が大きくなった今ではなかなかできないことを、幼少期にもっともっと意識して行なっていればよかったなーと思うことも時々あります。

例えば子どもと手をつなぐ。

いつのころからか手をつないで歩くこともなくなり、娘が小学校の高学年くらいの時に久しぶりに手をつないできたその時の手の大きさにビックリしたのを覚えています。まるで大人と手をつないでいるようなそんな感覚で、すごく驚いたのを覚えています。いつのまにこんな手の大きさになっていたんだろうと、驚きと戸惑いと確実に大きくなっているのだという嬉しさと、何とも言えない感情でした。そんなことがあって、あの頃つないでいたちっちゃな手の感覚にはもう出あえないのだなーなんて思っていたら、もっと手をつないでいればよかったなーとか、もっとだっこやスキンシップをしておけばよかったなーと思うことがあります。娘が小さい頃、布団に入って寝る前に、絵本の時間をとってトントンと添い寝をしたいと思っていたのですが、娘には夜になり布団に入って絵本を見たらもう電気を消して寝る時間というマイルールが、物心がついた幼いころからあったようです。ですから、絵本を読み終えるともうバイバイ…私が隣にいるのを拒む…という具合でした(苦笑)。当時、周りにそのことを話すと、「自分の時間ができるからうらやましい」とか「アメリカンスタイルだね」とか「うちなんか寝付くまでかなり時間がかかるから逆にきついよ~」などと言われたものでした。なるほどそうかと思う一面もありましたが、私にしてみたら疲れているから今日はもう一緒に寝てしまいたいという日があってもできず(笑)、今日はゆっくり寄り添いたいと思っても振られてしまい、思い描いていた子育てのようにはなかなかいかないものでした。子どもを寝せるのにかなり時間を費やしているママの話もよく聞きますから、本当になかなかうまい具合にいかないものですね(笑)。

そんなふうに、子育ては自分の理想通りになんて決してならないし、親の思うように上手くばかりいくわけがないですよね。あんなふうになったらいいなー、こんなふうにならないかなーという淡い期待はあっても、現実はそんな簡単ではないのです。子ども自身もだんだん成長するにつれ、もっとお母さんがこんなだったらいいのに…とか、なんでお母さんはいつもこうなの?!という子ども側だって親に対して想いや望みを持つはずです。残念ですがお互い様と言ったところもあるのでしょうね…。

幼少期はまだ親の言うことや考えが大きく占めていても、子どもの成長と共に少しずつその部分も変化していくのでしょう。だから子どもの成長を願うだけではなく、親自身もその変化に対応できるような柔軟な考えや、子どもを親から切り離し、一人の人間として認め受け入れていく準備を少しずつ始めなければならないのだということを、ここ最近特に感じています。子どもはどんどん成長し変化しているわけですから、私自身もそれに合わて考え方や受け止め方を変化させる努力をしなければならないのだと思っています。

 

誕生日の朝、「おはよう。お誕生日おめでとう」と言ったら、娘がひとこと「ママ、生んでくれてありがとう」と。17歳になってはじめて発した言葉がこれでした。感無量で言葉は出なかったものの、両手をいっぱいに広げ「おいで~」と嬉しさを表現しましたが、「あ。それはいいや。時間ないし。」とあっけなく断られ撃沈(笑)。まあ、女子高生…こんなもんです(笑)。

しかし、娘のこのひとことで、今までの子育ての振り返りや時々わき起こる子育てに対する迷いも一気に吹き飛びました。

中学生頃から、勉強や友だちを含む学校の事で時々娘の話に耳を傾けていましたが、ああ我が子は、勉強や部活、将来のことや友だち関係、本人なりにいろいろなことに悩み迷いながらも、生まれてきたことに感謝ができているのだと思ったら、このひとことは私にとって最高のプレゼントになりました。

子どもの年齢が上がれば子育ての悩みも変容し、常に悩みは尽きずとも、これからもまあ、あまり肩に力をいれずにやっていこう…そんなふうに思った一日でした。

 

園長     伊勢 千春

 

 

Category: 園だより | パーマリンク

深まる秋を感じる

11月に入りました。朝晩は本当にめっきり寒くなってきて冬がそこまでやってきているのだろうなーと実感してます。

園庭のいちょうの葉も黄色に色づき、少しずつ落ちてくる葉が目を楽しませてくれています。その葉を拾い集めては、いちょうの花束を作って家にお土産を作る子どもの姿も見受けられます。また、園庭の木製デッキのところにあるコナラの木も実が鮮やかな緑から茶色に変わり、実を落とし始めたなーと思っていたら、すっかり葉の色も黄色やオレンジ色に変化し今しか味わうことのできない自然の彩りを見せてくれています。もう少し長い間楽しめたらなーと思いつつ、この時期しか味わえないからこそ、余計にその美しさや自然の変化に心惹かれるのかもしれません。

さて、今週は近隣の中学校3年生が140名も授業の一環で園児達との触れ合いに来てくれたり、年中組は消防署見学、年長組では近隣小学校に学校探検に行ったりと 、いろいろな経験をした一週間でした。また、今日は年長組が自分達の畑で育てた里芋を収獲し、仙台名物のいも煮を里芋も含め野菜たっぷりにして作っていました。

こうやって、自分たちで育てたものを収穫し、皮をむいたりコンニャクをちぎったりと調理にも携わりながら仙台名物のいも煮を秋空の元でいただく…。とってもいい経験ができているように思います。そんな子ども達を眺めながら、私もいも煮を2杯もいただきました♡

今日は気温もあまりあがらず、外で温かいものをいただくには最高の天気でした。

そして外では雪虫発見!

雪虫は5㎜位の大きさしかなく、優しく雪のようにふわふわっと飛んで、この時期にしかみることができず、気温が低くなってもう少しで冬がやってきますよーというお知らせにくる虫という印象です。季節がまたそろそろ変わり目の時期なのでしょうね。

 

見て感じる秋、舌で味わう秋。

冬のおとずれの前に、それぞれの楽しみ方で深まりゆく秋をあともうすこーしだけ楽しんでみませんか?

 

園長    伊勢 千春

Category: 園だより | パーマリンク

昨日の私はほっこりはん♡

10月11日(木) 曇り時々雨

<その1> ~みんなで決めよう~

今朝、職員室の窓から、「せんせい!むしめがね、かしてください」と年中の女児4名。「はい。どうぞ」…と貸してあげたいところでしたが、借りに来た4名に対して虫めがねが3つしかありませんでした。「私に!私に!」と次々に手が伸びてきたので、「4人使いたい人がいるのに虫めがねが3つしかないの。どうしよう~」と投げかけてみると、「じゅんばんにつかう」とか「さいしょにつかったひとがかしてあげる」などという言葉が出てきました。そこで、子ども達に「それじゃあ、使う順番とかどうしたらけんかにならないか4人で相談して、決まったら教えてね」と言って子ども達に任せてみました。すると2,3分後に「せんせい!つかうじゅんばんきまったよ~!」と。「おぉ~!どうなったぁ?」と聞くと、「あのね、ちいさいこからつかうことにした!Mがいちばんおおきいおねえさんだからさいごにかしてもらうことにしたよ☆」と。でも、ん?待てよ?小さい子って言ってもみんな年中さんの同じクラスの子達では…?と思い、よくよく聞いてみると、背比べをして小さい順から使うことになったそうでした。そしてMちゃんがその中では一番背が大きいお姉さんだったらしいのです。話し合いの結果は小さい子が優先。年齢でもなくジャンケンでもなく背の順(笑)。「みんなそれでよかったのかな?」と聞くと、4人とも満面の笑みで「うん!」と元気よく返事していました。一番背が大きく、虫めがねを最初に使えなかったMちゃんがその中でも一番満足そうでした。

子ども達はなんてかわいいのでしょう。

「いいアイディアだね。よくみんなでケンカしないで決められたね。背の順で小さい子から…なんてよく思いついたね。えらかったよ~!」と四人を褒めちぎりました。4、5歳の子ども達だけでもこんなふうに自分達で考えて解決の糸口を見つけられるのです。しかも大人では思いつかないような楽しいアイディアで♡

 

<その2> ~ボタンはどこへ?~

給食終わりで外あそびに出てきた年中D君。「せんせい、なにやってるの?」と職員室の窓から顔をのぞかせたD君の制服のポロシャツが後ろ前が逆になっており、胸元にあるはずのボタンが後ろの背中にいってしまっていました。頑張って自分で着替えたのだな~とほっこりした気分になりながら、「先生ね、今から給食食べるんだよ。ところでD君、あれ?大変!D君のポロシャツの前ボタンがどこかに行っちゃったんじゃないかなー?ほらみて。ここにないよ☆」とちょっとあそんでみると、D君からこんな返答が…。「ほんとだ。ボタンがどこかにいっちゃった!あっ!そうだ、きっとすべりだいのうしろにいっちゃったんだとおもう!じゃあ、ちょっとさがしてくるね~!」と、駆け出していきました(笑)。

なんてかわいいの~!!!

その帰り。バスに乗るため待合のベンチに来たD君。見るとちゃんとポロシャツのボタン部分が前にきていました。「おっ、D君!ボタン見つかったの?どこにあったの~?」と聞くと、「あっ。ボタンはね、やっぱりすべりだいのうしろにあったよ」とにっこり。

なんてかわいいの~!!!

子どもとのこんなやりとりは、今しか楽しめない!だとするならば、存分子どもの世界を私も楽しませてもらおう♡…そんなふうに思った出来事でした。

 

<その3> ~せんせいのうそつき~

降園バスを待っていた子ども達が「なかむらさ~ん。マジックして~」と技能主事のおじさんにおねだりしていました。ところが中村さんは駐車場の誘導にあたっていたため、「中村さんは今、お仕事中だから無理じゃないかな~」と私がいうと、「え?!おしごとなんかしてないでしょ!かいしゃいってないもん!」と年中M君。周りの子ども達もそうだそうだと大騒ぎ。「なにいってるの~、ここは中村さんや先生達にとっては会社なんです!」と言うと「ちがーう!ここはようちえんだー!かいしゃじゃなーい!」と子ども達からの猛攻撃…(笑)。「だーかーらー、みんなには楽しい幼稚園でも先生達には会社なのよ~。先生達みんなお仕事してるでしょ~」と私も反撃するとさらに子ども達からの倍返し…(汗)。「なかむらさんたちはオーライオーライしているだけでしょーがー」「えんちょうせんせいは、おはなししてるだけでしょーがー」「せんせいたちもあそんでいるだけでしょー」「会社に行くのはそんな洋服じゃダメなんだよ!ネクタイしてお仕事しに行かないと」…だ~か~ら~……(笑)。

そんな大騒ぎのやりとりを見ていた年中Mちゃんは、「あ…そっかー、せんせいたちはしょくいんしつででんわしたりかきかきしたりしてるときある。えんちょうせんせいもおきゃくさんがきたときごあいさつしたりおはなししたりしてる。それがおしごとでしょ?」と。うんうん、それだけじゃないけど(笑)それもお仕事のひとつだね。

子ども達にとって私達はただみんなと一緒に楽しくあそんでいる大人のようです(笑)。

「ここがせんせいたちのかいしゃなんて、えんちょうせんせいってうそつきだねー」「うん、うそつきだよね~」

。。。。。バスに乗り込む直前に、ニヤニヤこそこそ会話しているM君とY君の声が聞こえました。

まあ、いっか。

子ども達との会話が楽しかったし、みんなみんなかわいいからそういうことにしておくか♡

 

 

園長   伊勢 千春

 

 

Category: 園だより | パーマリンク

陰で支える力

9月中旬、長命館公園サポーターズクラブが今年で15年目を迎えられ、それに伴う記念式典にご案内をいただいたので参加してきました。

長命館サポーターズさんといえば、風の子公園の清掃活動を毎月定期的に行なって下さったり、除草・剪定作業を行なって下さったりと美化の面で仙台市の管理だけに頼らず、ボランティアで公園維持に努めておられます。また、地域の小学校の学習支援事業も行なっており、子ども達の学びのサポートにも一役買っておられます。私も詳しく知らなかったことですが、サポーターズクラブの中には里山部・歴史部・木工部・イベント部・広報部があり、各々の分野に力を入れた活動もされているとのことでした。

式典では、長きに渡り活動なさっていらっしゃる方々の功績を称えた表彰があったり、懇親会ではここまでくるに当たっての懐かしいお話があったりと充実した会でした。

私と風の子公園の出会いと言えば、私が新任でめるへんに来た2,3日後に当時の園長先生から、子ども達をたくさんあそびに連れて行く場所だから散策してどんな場所かしっかり見てこいと言われ、足を踏み入れたのが初めてでした。その年新任で入ったのは私だけだったので、一人で出かけていったものの途中で道に迷ってしまい園に戻れなくなったという出来事がありました。しかも道に迷って焦っている最中に茂みからガザガザっと音が聞こえ、キジが目の前にバサバサっと大きな音を立てて出てきたというハプニングが!!突然の予期せぬ出来事に「ぎゃあぁ~!!!」と、悲鳴をあげてしまいました。散策に出かけてからなかなか帰ってこない私を先輩先生達が探しに来てくれたというおまけつき…。今でも鮮明に覚えており、忘れたくても忘れられない思い出です(苦笑)。

そのころに比べれば、ずいぶん道も舗装されたり木の朽ちてきた部分なども整備されたりしていますし、私が自分のクラスの子ども達を連れて行っていた頃は、たばこの吸い殻やゴミ、雑誌なども随分落ちていたように記憶しておりますが、今はそのような光景もほとんど見受けられないように思います。安心して子ども達を連れて行けるのは、こうしてサポーターズの皆さんが定期的に清掃をして下さっているほか、各自で公園に足を運ばれたり見まわりをして下さったりしているおかげだと思います。

そして、子ども達が公園に出向いた際、サポーターズの方にお会いすると、草花のことや森の生き物のことなどいろいろ教えてもらっています。また、今はこんな花が見頃だとか、どんぐりの生育具合いがどんなだとか、風の子情報も教えていただいております。風の子で拾ったどんぐりや松ぼっくり、椿の実など、保育で活用できそうなものを頂いたり、子ども達に見せてあげたら喜ぶのではないかというものを分けて頂いたりと何かと気にかけていただいており、本当にありがたいことです。

このように皆さんが手掛けて下さっている公園に私達ができることと言ったら、この公園に足を運びたくさんあそぶこと、風の子ならではの自然をたっぷり堪能してくること。たくさんの草花や木々に目を向け、生き物との出会いを楽しみ、自然の中で得られる不思議さや発見、感動を存分に味わうことではないかと思っています。野鳥の声に気づく、葉色の変化や四季の変化に気づく、草の上を転がるなどたくさんの心豊かになる体験をこの森で子ども達ができれば、それがサポーターズの皆さんへの恩返しになるのではないかとも考えます。そして出かけて行った時に、もし落ちているゴミなどがあれば拾って帰ってくる…このくらいなら子ども達だって十分できます。そのような関わりをこれからもしていけたらいいなと思っています。

 

さて、話は少し飛んで10年前の11月。

風の子公園から拾ってきたどんぐりを黒ポットに埋めて30㎝くらいまで大きく育てた後、サポーターズの皆さんにお手伝いをいただいて風の子公園に植え替えをしました。たった1㎝くらいの大きさのどんぐりからでもちゃんと芽が出るんです!それだけでもビックリですが、なんとそれが風の子に植えてから10年たった今ではこんな成長を遂げています!

手前の2本の木が小さな小さなどんぐりを黒ポットで育てた10年もののどんぐりの木です。4年くらい前に4,13mまでは測れたのですが、その後はもう高さを測ることが難しい大きさにまで成長。今日このどんぐりの木と背比べをしてきました。ざっくりの高さを想像してみると、おそらく8~9mは間違いなくあるだろうと思います。あんな1㎝程度の誰もが手にしたことのあるようなどんぐりを植えてこんな立派な木になるなんて、やってみるまでは想像もつきませんでした。20苗植えたうち、頑丈に育ち、すくすく成長しているものは、全部で8本とみています。

この黒ポットで育ったどんぐりの苗を風の子に地植えできないか相談に乗って下さったのも、植え替えるならどのあたりがいいかアドバイスを下さったのも、そして植樹のお手伝いをして下さったのも、やはりサポーターズさんでした。

そんなわけで、サポーターズさんにはいろいろとお世話になっています。

 

そして先日、サポーターズクラブでめるへんのご近所のSさんからご自身が描かれたという絵をいただきました。このSさん、お仕事を退職されてから絵を始められたようで、それまでは全く絵には携わったことがなかったとのこと。お誘いを受けてご自宅にあそびに行ったことがありますが、今では様々な絵画展などにも出展されているようで、ご自宅の一角は素敵なアトリエになっています。そのSさんから、描きためた絵画の中からどれかお好きなのをよかったら…とお声をかけていただいたのです。観察画や人物画、想像画や風景画など様々な絵をお描きになっておられますが、その中でも長命館公園の絵が何種類かあり、お譲り頂けるのなら私は是非、風の子の風景画を…と思っていました。そしてお譲り頂いた絵が『夏の長命館公園』の絵です。

光の入り方や緑が美しく、夏の森にいる生き物も何匹か絵の中でかくれんぼしています♡

実物はめるへんの正面玄関をくぐると目の前に広がっています。機会がありましたら、どうぞ実物をみにいらして下さい。私の大好きな風の子公園の風景です。

 

 

園長    伊勢 千春

 

 

 

Category: 園だより | パーマリンク

運動会を終えて

先週土曜日は運動会でした。

秋雨前線の動きが鈍かったり停滞したりで数日前からの天気予報もコロコロ変わり、なかなか当日の天気が読めない状況でした。前日には7~8つの天気予報にかじりつき、当日の朝も早くから空をみていたものの、まだ夜が明けず真っ暗で、空の色が見えない…そんなもどかしい朝でした。予備日としておさえていた日もほとんどの予報では天気の回復は見込めず、ならば!曇り空で雨の心配は多少あっても、子ども達の運動会へ向かう気持ちが高まっている今日、運動会を行なおう!と決めました。

途中雨が降ってきた時の対応パターンも何通りか考え、策を練っての運営でした。午前の競技の中盤あたりからポツポツきはじめたので、年少の親子競技は一度保留という形をとり、雨は少し強くなってきたものの午前の子ども達メインの競技だけでも何とか行ないたいとの思いで年中遊戯と年長リレーを行ないました。もしかすると雨が降る中での遊戯やリレーに少し戸惑った子がいたかもしれませんが、想像以上の子ども達の頑張りに、私自身感動しました。特に年長のクラス対抗リレー。男女ともあんな接戦になるくらい、年長児のリレーに取り組む姿勢や気持ち、子ども達の真剣な表情に、こんなにも心がたくましく成長したんだなーと感無量でした。本来なら晴れてベストコンディションの中、年中遊戯も年長リレーも行なわせてあげたかった…それは言うまでもありません。しかし、逆にあの天候の中、雨をもものともしないたくましい心や精神力、勇ましい姿に、子ども達の心と体の成長を感じることができた様な気もします。

そうは言っても、プログラムの変更や昼食場所に園庭を使用できなくなってしまい、手狭な空間での昼食となってしまったことなど申し訳なく思っています。祖父母の皆さんもたくさんいらして下さっておりましたし、小さいお子さん連れのご家庭も多々あったとお見受けしておりましたので、なおさらです。しかしながら、そのような状況であっても昼食後のブルーシートの水を拭き取る作業に率先してお手伝いを申し出て下さったり、運動会終了後に会場の片付けを手伝って下さったりと、たくさんの保護者の皆様のご協力とご理解を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

 

運動会が明けて初めての登園日には、たくさんの保護者の方から運動会のご感想や励ましの言葉をいただきました。雨が落ちてきた時点でもう運動会が中止になるのではないかと思った、子ども達の競技が見られなくなるのではないかとハラハラした、まさか全ての競技がみられると思わなかったという声や、子ども達の雨にひるむことなく堂々とした姿に感動した…というようなお声をいただきました。中には、「先生ー、うちの旦那、着ると雨が降るというジンクスの服を着て運動会参加しちゃったんですよ~。よりによって何で今日、その服着てきちゃったかなーって。だから雨が降ったのはうちの旦那の服のせいです。」なんてユーモアたっぷりにお声をかけて下さった保護者の方も…(涙)。

何はともあれ、お昼過ぎには雨も上がり、競技がまた再開できたことが本当に良かった!皆さんにも、お天気にも感謝感謝です。

 

さて、運動会後のおまけの話☆

めるへんを卒園して現在小学二年生のA君がお手紙をくれました。

【 えん長先生へ

ぼくは、めるへんのうんどうかいが大すきです。妹があと半年でそつえんするけれど、らい年のうんどう会に行ってもいいですか。 】

学校で覚えた漢字を使い、とっても丁寧な字で書いてくれていました。天候はいまいちだったけれど、そんな中でも卒園した後もこんなふうに運動会を楽しみにしてくれている子もいるのですね。嬉しくて胸にじーんと響きました。こうしてたくさんの人の想いに支えられて今がある。だから私達もできる限りのことを精一杯する。そんな想いを持ちつつ、これからも子ども達にも保護者の皆さんにも真摯に向き合っていきたいと思った運動会でした。

最後に、お手紙をくれたA君へ☆

もちろんです!来年も再来年も、A君が行きたいなーと思ってくれているうちはいつまでだって来て下さい。先生たちみんなで待ってるよ。

 

 

園長    伊勢 千春

Category: 園だより | パーマリンク
▲ページの先頭へ