園長室から

心に思うこと、その時感じたことをそのまま綴る、園長の徒然日記です。

コロナ禍での勉強会

毎年夏休み中は県や仙台市の私立幼稚園連合会が主催する研修会等が開催され、当園の教員もかなり豊富な分野の研修会に出席しています。

しかし、今年度はこのような状況の為、ほとんどの研修会が中止、もしくはオンラインというこれまで経験していないような形になりました。それでも何人かの先生がオンラインでの研修を受講し学びを深めておりました。

このような状況だったため、今年は園内研修の充実を図ろうと、4月には新任の3日間の園長じきじきの研修からスタートし、1学期には個別対応や個々への配慮の仕方等を専門知識のある大学の先生にいらしていただき教員みんなで学ぶ機会を設けました。

夏休みには当園に課外教室で入っていらっしゃるアトリエ203の松尾先生からも幼児期の造形活動の捉え方の講義と実践をご指導いただきました。アトリエさんにはこれまでめるへんたいむにも積極的に入っていただき、子ども達に楽しい造形や制作物の提案をいただいていたところでした。造形活動を通して自由に表現することの楽しさを味わったり想像力が広がったりしていけるようにするための考え方などを学び、大変有意義な時間となりました。

また、夏休み最終日には消防局の方においでいただき、蘇生法やAEDの使い方などを教わりました。2年に一度程度の頻度で講習を受けているため、かなり身についているイメージでした。しかし本当にそのような機会が訪れた時にはスムーズにいかないだろうと想像すると、やはり定期的に受講する必要性はあるだろうと感じました。もちろん、こんな機会が訪れないことが一番ではありますが、万が一に備えることは大変重要なことなので今後も継続していこうと思います。

DSCN2394DSCN2400

そして先週からは『がじゅまるの樹』の皆さんによるおはなし会を開催しています。

IMG_1052[1]IMG_1053[1]

これまでは全園児で観ていましたが、密を避ける目的でがじゅまるさんには1クラスごと8公演をお願いしました。演者さんにとってはかなり過酷なスケジュールだと思いますが、このがじゅまるの皆さんは過去をたどればめるへんの絵本サークルやコールめるへんに所属していた皆さんが主であり、めるへんにとって良い環境を親身になり一緒に考えてくださいました。本当にありがたいことです。がじゅまるさんは、今では保育所や児童館をはじめ各所で公演をしており、代表の佐々木さんに至っては仙台を拠点とする舞台俳優としてもご活躍されております。ですから子どもの前で紙芝居を演じたり絵本の読み聞かせをしたりパネルシアターを見せたりする私達にとっても絶好の勉強の機会となるのです。今年は先生達の研修の機会が大幅に減ってしまったこともあり、是非、保育に活かせる先生達の勉強の機会にもなりながら子ども達にも楽しんでもらえるおはなしの会をとの想いで今回このような形で実現したというわけです。顔の表情から声色、そしてひとつひとつの言葉の発し方から言葉のつぶだてまで本当に勉強になります。ひとつひとつのおはなしにはギターやパーカッションなども加わってさらにお話が魅力的なものになっています。そして子ども達がおはなしの世界にどんどん引き込まれていく表情をみられるのも、またたまらないものがあります。私達もそれらの空気を体感し、日々の保育に活かしていこうと思っています。

研修会場にいくような研修会がなくなっても、こうして工夫すれば私達だって学ぶことができる。

2学期は長いですし、行っていきたい行事や活動だってたくさんあります。コロナ禍のこの機会に発想の転換や創意工夫…そんな力をつけていきたいと思っている2学期のスタートです。

 

 

園長    伊勢 千春

 

Category: 園だより | パーマリンク

2学期に向けて

今年は随分と長かった梅雨でしたが、梅雨が終わったかと思ったら今度は連日の猛暑。皆さんもこの夏はマスクの着用等もあり大変な思いをされているのではないかと思います。

 

夏休み中の幼稚園は、お仕事のご家庭のお子さんに限っての預かり保育を行っておりました。その傍ら、管理棟部分のこれまでの会議室を未就園児クラスの園児室への移行工事、そしてトイレ改修を行っておりました。1Fクラスのシンクの交換も含めた工事も合わせて行い、急ピッチに作業が進んでいます。この猛暑の中、工事に携わってくださっている方々には大変感謝をしているところです。

そして、技能主事の中村さんや村上さんは各クラスの必要な個所にペンキ塗りをしたり保育室床にワックスを塗ったり、2学期からの子ども達の登園に備えた各所整備を行っていました。

2学期に向けての教育環境をより良いものにしていけるようこのような整備を行った夏休みでした。

教員はというと、二学期に向けた行事や保育活動の準備をはじめ小グループでの会議を行っていました。

本来ならば2学期は大小問わず様々な行事が目白押しです。それに加え1学期から現在まで新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、予定していた行事も二学期にずれ込んでいます。これらの行事も合わせ、二学期の行事や日々の活動をどのように計画していくのかまたまた翻弄されています。

そのようなことを含め、この夏休みは様々なことを考える機会となりました。

今年度が始まった当初は、このようなコロナ禍の中であってもとにかく『子ども達だけでも』という強い思いがあり、年長お泊り保育の実施や日々の活動は極力これまで行ってきた当園が大事にしている教育を行う努力をしてきました。その面においては納得している部分です。

しかしこの夏休み中、幼児期の子育てにおいて『子どもだけの満足ではたして良いのだろうか』という自分自身への問いがうまれました。もちろん、主役である子ども達が日々充実し満足感を得られることが大前提ではありますが、本当に子どもだけでいいのか?という疑問が生まれました。

『子育て』というのは、本来子どもだけでなく親も主役であり子が感じる満足感や充実感は親も体感し、共感し、はじめて成り立つものではないかと。子ども達が頑張っている姿、楽しんでいる姿、友だちと関わっている姿…それらの姿を親も自分の目で見て体感してこそ、子どもの成長を肌で感じ、子育ての喜びが味わえるのだろうと思います。

子どもの世界には、時に上手くいかず涙したりもがいたりしている時があったり、小さなトラブルを経験している時があったりします。マイナスに感じる経験も子ども達が成長していくには避けては通れない道であり、逆になくてはならない体験です。そういう姿も目の当たりにすることで、幼少期に必要な子どもの姿や子ども同士のかかわりを知ることもできます。親はそんな姿にも向き合い、そっと見守り時に励ますことが必要なはずです。そして子が小さな問題を解決していく姿に親も寄り添うことでまた別な喜びに出合えるのだろうと思います。そんな小さな積み重ねを繰り返していきながら親も親として成長していけるのだろうと。

そう考えると、子どもの成長に必要なものは、子どもの満足や充実感だけでなく、親の満足感や充実感でもあるのではないかという答えが自分の中で導き出されました。

とするならば、幼稚園という教育現場の中で何ができるか、何が必要か。

コロナ禍の中でも知恵と工夫を凝らしながら、2学期は保護者の皆様にも満足感や充実感を得られるような環境を作っていける幼稚園であるよう邁進していきたいと決意新たにした夏休みでした。

そんな想いもあり、二学期はコロナの状況にもよりますが、保護者の皆様の園へのかかわりも少しずつ広げていく予定で計画を立てております。このような取り組みを行っていくには、引き続き、保護者の皆様にもご理解やご協力をいただかねばならない部分も多々出てきますので、どうぞよろしくお願いいたします。取り組みの詳細については随時園だより等でお知らせしてまいりますので、園発行のプリントにはよく目を通していただければと思います。

 

この状況がどうであろうとも、子ども達にとっての幼児期は今しかないし、幼児期の子どもの姿から喜びを見つけるのも今しかありません。子ども達の毎日には見逃したらもったいないような瞬間がたくさん散らばっています。ですから、日常の子ども達の姿を通して、小さなキラッと光る喜びを共に見つけていきましょう。

2学期もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

園長   伊勢 千春

Category: 園だより | パーマリンク

思わぬ来客!

先日、預かり保育も終了し、ひっそり日も暮れ始めた夕刻の時間に、なんと幼稚園にカモシカが現れました!

IMG_0972[1]IMG_0972[1]IMG_0972[1]

私は残念ながらお目にかかれませんでしたが、園敷地内の裏庭の片隅に現れたようでした。

隣の森にいるという話はだいぶ前から耳にしていたものの、私が園に勤めてからかれこれうん十年(笑)、一度も目撃したことがなかったし実際私以外の職員も誰も目撃したことがなかったため、本当にいるのかな…と半信半疑でした。しかし今回のことで、やっぱりいたんだ!!!と驚きました。

そんなにこの森は自然豊かだったんだという嬉しさの再確認でもあり、しかし大きさもけっこうなため、子ども達がいる時間帯でなくてよかったーという感情もあり、複雑でした。

仙台市のHPを確認すると、このような情報が載っていました。

『 仙台市内においてニホンカモシカの目撃情報が数多く寄せられています。お住まいの近くで体長が1mをこすようなカモシカを見かけたら驚かれることと思いますが、カモシカは人に危害を与える動物ではありません。ほとんどの場合、人を見かけると山へ帰っていきます。自然環境が豊かな仙台の証しでもあるカモシカの保護に、ご理解とご協力を。』

そして、カモシカをみかけたら

1.近づかない

2.逃げ道をふさがない

3.立ち去る・見守る・驚かせない

普段は子ども達の賑やかな声が響き渡っていますので、カモシカも園には寄りつかないだろうと思いますが、実際いることがわかりましたので、長命館公園への園外保育の際や万が一また園敷地に現れた場合の対処法を職員で共通理解することにしました。

夏休みが明けたら子ども達にも伝えつつ、必要以上に怖がらずに人と野生動物の共存がうまくいくような教育環境を整えていけたらと思っています。

 

そして年中組で飼育していたカナヘビもこの夏休み中に卵を産み、本日一匹生まれました!

卵が産まれたのが7/24、そして長男?長女?第一子?が生まれたのは本日8/24。ちょうど一ヵ月で卵からかえりました。

今週水曜日は始業式の為、子ども達にも見せられそうです♡

 

お分かりいただけますか?写真左にいるのが生まれたてのカナヘビの赤ちゃん。そして白くて丸いのが卵です♡

IMG_1008[1] 園長    伊勢 千春

 

 

 

 

Category: 園だより | パーマリンク

一学期を終えるにあたって

早いもので、来週終業式を迎えます。

一学期は休園に加え、毎日の消毒、活動や行事の在り方などコロナ対策に翻弄され、いつの間にか一学期が終了という印象を受けています。

これまでに例のない事態に手探り状態の日々でしたが、それでも子ども達には極力普段通りの生活を送らせたいという想いで子どもがしなければならない制限は最小限に…ということを心がけるよう努力しました。緊急事態宣言が解除になった6月から学校等も順次再開していったものの、ニュースでみる学校の給食時間の風景は、これまでのみんなで食を楽しむ時間とは形の異なったものになっていました。フランスのある小学校のコロナ対策では、「人に物を貸してはいけません」「遊ぶときはこの白線の中で一人で遊びます」と低学年の先生が子ども達に指導している様子がニュース映像で流れていました。感染防止対策をしっかり行うことが大前提。もちろん十分理解しているつもりでいても、どこかモヤモヤする気持ちがいつも付きまとっていました。

教育の現場は学びの場。もちろん学校は学習の場ではありますが、同時に人間関係を育む場でもあり、勉強以外のたくさんの学びができるところです。ましてや幼稚園という場においては、いわゆる学校の授業のようにそれぞれの机で学習するわけではなく、あくまでも人との関わりを通しての学びが全ての分野において必要不可欠なため、どのような対策をとりながら私達が目指す心育てができるのか…と自問自答の日々でした。頭ではソーシャルディスタンスはわかっていても、上記に挙げたフランスの小学校のような環境が子ども達にとって本当に良い方法なのか、私自身いまだに答えが出ないままです。日々の先生達の教育活動の様子を見ながら、そして私自身、子ども達と様々な関わりを通しながら、まだ答えを模索中です。

ただ、こんな私の想いとは裏腹に、子ども達は毎日元気いっぱいでした。しっかりとした梅雨の気候にもかかわらず、ほんの数分単位のちょっとの雨の切れ間をも見逃さず外に飛び出してくるめるへんの先生達と子ども達(笑)!子どもだけでなく先生達も…というところがポイント(笑)。しかもたくさんの水たまりがある中、子ども達も先生達ももちろん裸足、そして少し目を離した数秒後にはその水たまりに寝転んでいる子も☆こんな光景はざらでした。コロナなんてどこにいってしまったの?というくらいいつも通りのめるへんの園庭風景でした。世間はコロナ禍で大変な状況であり、私自身も心が常に張りつめている中、そんな子ども達や先生達の姿や変わらないいつも通りの風景に、ホッとして笑みがこぼれたり、心が安らいだりした瞬間が訪れた一学期でした。

PTA活動も今は自粛しており、例年行っていた『PTA清掃活動』も中止にしたものの、その分子ども達がたくさん頑張ってくれました☆

DSCN0636DSCN0632

自分の道具箱の整理から共有スペースの床拭き等々、年齢に合わせてできる範囲の清掃を今週行いました。年長児は自分専用の雑巾をご家庭で用意していただいているので、張り切ってmy雑巾を使い床や階段をピカピカにしてくれました。

「先生見て!こんなに俺の雑巾汚れてる!」「私のも黒くなってきた」など汚れ面を張り切って見せてくれていました。雑巾は汚れれば汚れるほど頑張ってお掃除した証拠☆と言ってあるので、黒くなった雑巾を見せられては、「おお~!汚れ見つけ名人♡」「すごい!頑張ってる証拠だね」など声をかけると、やる気がさらにパワーアップの子ども達でした。

やれる範囲のことをやる。コロナ禍でも子どものやる気や意欲を育てることはできるし、喜びや楽しみも心で感じさせること、体感させることは十分できます。ですから来週の年長児のお泊り保育も今やれる範囲の中で精いっぱい子ども達のワクワクを膨らませ、お泊り保育本来の目的である『自分のことは自分でやろうとし、最後までやり通すことで自信を持つ』『家庭から離れて、友だちや先生と楽しく過ごす』というねらいのもと、年長児の思い出に残るものになるよう頑張ります。仙台市のコロナウイルス感染者数も日に日に増加しております。今年度は例年以上に気をつけねばならないことが多々あり、お預かりする私たちにとって気が張り詰めた状態の中ですが、最後まで気を引き締め、対策をしっかりとりながら過ごしていきます。

 

一学期は新型コロナウイル対策をはじめ、様々な面において保護者の皆様には多大なるご理解とご協力をいただき本当にありがとうございました。このような保護者の皆様のご理解があってこそ、私達もコロナ禍の中幼児教育に邁進することができました。

二学期は行事もいくつか予定しております。夏休み中のひとりひとりの行動や心がけが夏休み明けに大きく影響する可能性もあります。充実した二学期が送れるよう、私達教職員も気を引き締めてまいりますので、二学期も引き続きご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

園長    伊勢 千春

Category: 園だより | パーマリンク

誕生会に伝えたいこと

7月に入りました。

梅雨というだけあってすっきりしない天気が続いています。今週も曇りの日が多い天気のようですが、幼稚園駐車場に咲いている紫陽花とめるへんの子ども達はとっても元気です☆

DSCN0615DSCN0629

先日は遅ればせながらの4,5月生まれの子ども達の誕生会を行いました。例年はおうちの方をお呼びして一緒にお祝いをしておりましたが、今年はコロナウイルス感染防止のため担任とクラスのみんなとのお祝いとなりました。しかし子ども達はとっても嬉しそう♡

DSCN0599

年少さんでは主役の誕生児さんが冠をもらったり誕生カードをもらったり、作り物のケーキにロウソクをさしてそのロウソクの火をフッと吹き消すのを自分もやりたかったと涙する子もいたようです。年少さんはまだまだそのように、お友だちが羨ましい~という気持ちの方が強いかもしれませんね。私も年少を幾度となく担任しましたが、そのたびに「お誕生日ってどんな日かな」と質問すると「ケーキたべる日!」「プレゼントもらう日!」という答えが真っ先にあがっていました。家族でお祝いするときにはそのようなことがメインになり、きっと子ども達にとっては楽しくワクワクする日だと思います。もちろんそんな日であっていいのですが、やはり幼稚園の行事として行っている誕生会ではしっかりとねらいを持ち、子ども達の心育てにつなげていきたいと思っています。

誕生会のねらいにあげていることが

『誕生日の意味を知り、今まで育ててくれた人に感謝する気持ちを持つ』ということです。

本来の誕生日とは『みんながうまれた日であり命が誕生した日』ということをまずは確認しています。誕生日を迎えるということは、歳がひとつ大きくなるということ。ひとつ歳が大きくなるということはできるようになることもたくさん増えるということ。お兄ちゃんお姉ちゃんになってきたということだから嬉しいね…と自信を持たせ、喜び合えたらと思います。そして、こんなふうに大きくなれているのは、家族や周りの人みんなのおかげということに感謝できる子に育ってほしいと願いを込めて誕生会を開催しています。まだまだ年少さんでは難しいねらいだと思います。しかし年6回、そしてそれを3年間繰り返していきながら、いつか誕生日はワクワクする楽しい日というだけではないことを思い出してもらえたらなーと思っています。

そうはいってもお誕生日は年一回の特別な日なので、めるへんでも楽しいことを毎回企画して行っています☆今年はおうちの方と一緒にお祝いできなくて少し残念ですが、是非どんなことをしたかお子さんから聞いてみて下さい。まだまだお子さんの口からは難しい…という場合も多々あると思います。そんな時は担任が発行するクラスだよりをご覧いただき雰囲気だけでも感じとっていただけたら嬉しいです。

さて6、7月生まれさんの誕生会は来週火曜日の予定です。

 

♡笑い話のおまけの話♡

私の娘の保育園時代の誕生会での話。

〇2歳児クラスの時〇

娘のお迎えに行くと、担任の先生から

「伊勢さん。今日の誕生会でIちゃんに好きな食べ物インタビューをしたら『まぐろの刺身』と答えたんですよ~(笑)!ほとんどの子が果物だったのに(笑)」

 

〇そして1年後…年少クラスの時〇

またまた娘のお迎えに行ったときに担任の先生から

「伊勢さん。今日の誕生会でIちゃんに好きな食べ物インタビューをしたら(笑)…」この時すでに嫌な予感が(笑)

担任:「今年はなんと、Iちゃん「いかのしおから」って答えたんですよ~(爆笑)。で、「いかのしおからってなに~?」と周りのお友だちから質問があったんですよ。そしたら、Iちゃんなんて答えたと思います?!」といいながら先生大爆笑(汗)。ここでさらに嫌な予感…

担任:「Iちゃん、その質問にひょうひょうとした顔で「え?しおからはね、お酒のアテだよ」って答えたんですよ~!もう大爆笑しちゃいましたよ~!!」

・・・・・そんなことがあった誕生会の一コマ。

誕生会に保護者の参加がなくてホントよかったわ~!!!と、心の底から嬉し涙を流したそんな出来事でした(笑)。ちなみに…仕事が忙しい時は私の実家を頼っていたので、『いかの塩辛』を食べさせていたのも『お酒のアテ』などという言葉を使っていたのも、きっと、いや絶対、私の父からの入れ知恵です!

 

 

園長     伊勢 千春

Category: 園だより | パーマリンク
▲ページの先頭へ