園長先生のつぶやき

心に思うこと、その時感じたことをそのまま綴る、園長の徒然日記です。

2024年02月14日

先日、自宅ポストに入っていたフリーペーパーに『子どもが描く未来・理想の家』というタイトルで絵画が2枚表紙に載っていました。子どもが自由な発想でこんな家があったらいいなという想像画でした。

めるへんでも絵画活動はもちろん行っており、年長になると『想像画』として『こんな乗り物あったらいいな』とか『魚の王様ってどんなかな』など、想像を膨らませながら楽しめる造形活動を行っています。クレヨンや絵の具を使って自由にのびのびと絵画活動を楽しめたらいいなという思いです。

そして、このフリーペーパーの表紙に載っていた二枚の絵と解説などを目にし、ふと作品の名前に目をやると、「あれ?これはめるへんの○○ちゃん?!」しかももう一枚の絵は「ん?!こちらは卒園生の○○君…?!」と二枚の絵がめるへんの在園児と卒園生?という驚きでした。

IMG_0947

今年度は八木山動物園の作品展にも応募し、表彰された年中男児もおりました。もしかすると、もともと絵画活動が得意だったり描くのが好きな子だったりということがあったかもしれません。しかし、自由応募で描いてみたい、やってみたいと思うこと自体素晴らしい事ですし、それに寄り添って応募までの段取りを進めた親御さんも素敵だなと思います。

誰にでもそれぞれ得意なこと不得意なこと、好きなことや苦手なことがあるはずです。

当園の先生達の中にも絵やイラストがとっても上手な先生もいれば、文章を書くことが好きな先生もいます。ピアノが得意な先生もいればピアノは苦手だけど体を動かす運動あそびが得意な先生もいます。当然と言えば当然のことで、それぞれに得意分野や不得意分野があるのが当たり前でしょう。先生達を見ていると、ピアノが得意、イラストが得意、裁縫が得意だったり運動神経が抜群だったり。「○○先生と言ったらこれ!」というそれぞれ得意分野があって羨ましいな~と数年前に感じたことがありました。私の得意なことってなんだろう…私の個性ってなんだろう…と考えた時に得意なことや人より秀でていることが悲しいことに何も思いつきませんでした。以前一緒に勤めていたM先生も作り物がとても得意で自分で作ったブラウスを着て出勤したこともありました。ですからそんな先生達を横目に、私の得意なことって…とふと考えた時にひとことで言える得意なことが何も思いつきませんでした(涙)。私はこれといって得意なこともなければ個性もないのかも…ということを、ぼそっとM先生につぶやくと、「え…?千春先生なんて個性の塊じゃない」と言われてびっくりました。「え?どうして?人と比べてなにも秀でたところがないのに?!」と。しかしM先生と話をしていて、個性とは決して他の人と比べて秀でている部分があるということだけではないということに改めてその時気づきました。

得意なことにかかわらず、その人の持っている雰囲気だったり考え方だったりふるまいや行動だったり…全て含めて個々の『個性』といえるのですよね。

以前、当園に在籍していたMちゃんとお母さんはお魚に詳しく、特にグッピーにとても詳しくて、幼稚園にも飼育物として自宅で育てたグッピーを分けて下さったこともありました。私はMちゃん親子を「グッピー博士」と呼んでいろいろ教えてもらっていました。その当時「先生も何かの博士になりたかったな~(過去形)」とMちゃん親子につぶやくと、Mちゃんママから「え…?園長先生だって【めるへん博士】じゃないですか」と言われたことがありました。「誰よりも長くめるへんにいて、園長先生に聞けばめるへんのことはなんだってわかるじゃないですか」と言われたことがあり、目から鱗でした。「私がめるへん博士?!そうなの?!もしそうだとするならば、『博士』の名に恥じないように、もっともっと子ども達を見て、先生達を見て、保育も極めなければ」とやる気がますますみなぎったものでした(笑)。お恥ずかしながら何とも単純です…。

そういえばめるへん博士でふと思ったことがありました。私はこれまで「できれば○○を続けてみよう」とか「今日から○○を実践してみよう」と様々なことに興味があり、やってみたいという意欲や実際取り組んでみる行動力は多々ありました。しかし、これがなかなか続かないのです…。今回は絶対こうしようとかこれを頑張ってみようと思って勢い勇んで取り組み始めても、本当にごく短期間(数回)しか続かず、長続きしない性格で、それは家族には十分周知の事実です。自分でもかなり自覚はあります。だから「次は絶対!」とか「○○やってみようかと思って」という話を家族にすると「絶対無理だって。自分が一番よく知ってるよね」と取り組む前からピシャリと言われるのがオチなのです。

しかし確かにめるへんだけは、気がそれたことが一度もありません。もちろん落ち込むことも悩むことも多々ありますが、毎日が学びで、次はこうしようと決めたら絶対やりこなしたいし、問題を試行錯誤しながらなんとか解決したいし、楽しいことは皆とも共有したい…そうこうしている間に気づけばここでの生活だけは相当長い年月が経過していました。こんなに長続きしない自分がです。

大人も子どもも興味関心の向きどころは人それぞれ違いますし、得意なことも不得意なことも、好きなこともみな違います。だからこそそれが『個性』なのですね。自分の物差しも塩梅も人それぞれ。「みんなちがってみんないい」という言葉を聞きますが、その通りだなと納得です。

私も、人より秀でた特技などは全くありませんが、めるへんへの興味、幼児教育への関心は大きく、だからこそ長く続けていられるのかなと思うと、それが私の個性の一部として自分自身を受け止めていきたいなと思っています。

子ども達も私達大人もそんなひとりひとりが持つ個性を自分自身も受け止め、他の個性も受け止めていけたら、皆が補い合い輝けるのでしょうね。

 

 

園長    伊勢 千春

 

 

 

 

 

 

 

2024年01月25日

めるへんを代表する教育活動のひとつ『劇あそび』の二週間が終盤を迎えます。

保護者の皆さんが『劇』と『劇あそび』の違いをイメージするのはなかなか難しいため、この時期毎年劇あそびについて触れています。

皆さんご承知の通り、台本があってひとりひとりの役が決まっていて、観客にみてもらうために練習するのが『劇』ですが、『劇あそび』は台本無し、なりたいもの(役)はそれぞれ自由、発表するものではないため練習の必要なし…それが劇あそびです。

保護者の皆さんからすれば、かわいらしい衣装やその役に見える衣装をきて、舞台に上がる我が子を見たいという思いもあるかもしれませんし、舞台で立派に自分のセリフを言って役割をこなすという行動も、ある年齢になれば必要なことかもしれません。しかし、幼児期にとって必要なあそびの中の学びとは…と考えた時に、想像力や創造力、表現力や工夫する力、自分の思いを伝える力に人の意見や発言を聴く力…様々な力が養われるのが劇あそびなのです。だからこそ、当園で長きにわたってこだわり、大事にしてきた教育活動のひとつとなっているのです。

例えば『桃太郎』というひとつの物語がベースになっていても、実際のお話に出てくる動物に限らず、なりたい動物になったり、鬼を退治する方法を皆で考え、作戦を立て、失敗したらまた作戦を練り直したり。鬼の住んでいる家(鬼ヶ島)を段ボールや机、いすなど身近なものを利用して作ったり自分のなりたい役に見えるよう身体表現をしながら、お面や小道具をつくったり。とにかく劇あそびから芽生える子ども達の発想力や想像力(創造力)は果てしないのです。

先日、いつも子ども達の降園時間に、廊下やトイレの清掃をして下さっているTさんが、「この時期のお掃除は難しくて(笑)」とおっしゃっていました。ゴミに見えるような紙屑が廊下に散らばっていると「それは○○に仕掛けた罠だから」と掃き掃除しないようにお願いされたり「これは…必要なものかな…?」と思うと案外そうでもなかったり。この時期の清掃は、まるで園内の鑑識をしているみたいだと(笑)。

この時期の保育室や廊下は、私達大人から見ると本当にまるでゴミ屋敷や荒らされた廃墟ように見えることもしばしば(苦笑)。昨日はたまたま来客があり、保育室を一緒にまわらなければならない状況で、様々なものが散乱している保育室と興奮しながらのめり込んであそぶ子ども達の勢いに冷や汗ものでした(笑)。そして来客をご案内していた私自身もトイレに潜んでいたカニに扮した年少S先生に「ぎゃあ~!」と驚いて声を出してしまったくらいです。(←本当はかわいいカニだったのですよ♡)大人が思う綺麗さや整えなど目に見える形に縛られないのが子ども達。綺麗だの汚いだの見た目の形なんて、劇あそび中の子ども達にとっては全く関係なし。むしろ散らばっている紙屑を「誰かの仕業かも!」と想像を掻き立てたり、悪者に仕掛けた罠にする工夫につながったりしているわけですから、そう考えると、見た目のきれいさやいかにも形が整えられている環境では、もしかすると逆に想像力や工夫する力が半減…なんていうこともあるかもしれません。

毎年のこの劇あそびの二週間は、先生達も子ども達のそんな世界観にどっぷりつかり、子ども達のアイディアや工夫をひとつひとつ救い上げながらあそびを構成していくわけですから、毎日が疲労困憊するわけです。もちろん中にはなかなかお話の世界にすんなり溶け込めない子だっていますし、登場する鬼や魔女が怖くてドキドキする子だっています。そんな個々の想いをどう救っていくかということも私達の大事な役目になってきます。意見やアイディアをたくさんだす子もいれば、それなりに見えるように黙々とモノづくりにいそしむ子もいたり、これまであまり関わりがなかった子とも意気投合して想像の世界を楽しんだり。このように個々の個性がキラリと光り、あそびのバランスが保てることもあれば、この子にこんな一面があったのね!とこれまで眠っていた力が開花し、驚かされることもあります。

だからこそ、先生達も確実にこの劇あそびという活動を通して、子ども達の育ちが大きく変わることを実感できる二週間となることは間違いないはずです☆

そんな劇あそびはきっと子ども達にも先生達にも大きな収穫を残してくれると思います。子ども達の育ちに少しでも彩が加わり、次につながっていけたらいいなと思っています。

 

そんな今日はかなりの積雪。

大雪の中、朝早くから預かりに入ってくれたM先生や日直のC先生。早朝から雪かきをしてくれていた技能主事のNさん、Mさんはじめ先生達。雪道を安全に子ども達を園まで送り届けてくれた運転手さんや添乗員さん。保護者の皆さんも小さな子ども達を連れてバス停までの道のりや園までの送迎は大変だったと思います。皆さんのおかげで今日も子ども達が劇あそびや雪あそびを存分に楽しむことができました。ありがとうございます。

早朝から園をはるかに超えて歩道の雪かきをしてくれた先生達でしたが、保育時間前に相当体力を奪われたのではないかと気がかりでしたが、今日もめるへんの先生達はそりあそびに大きな雪だるまづくり、そして劇あそびにと元気はつらつでした☆

たくさんの小さなことに感謝しながら、また明日を楽しみにしたいと思います。

 

園長    伊勢 千春

 

 

2024年01月11日

新年、あけましておめでとうございます。

2024年がスタートしました。

皆さんご承知のように、今年の幕開けは能登地方の地震や羽田空港の飛行機事故など、心落ち着かない年明けとなりました。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

私も東日本大震災を経験しているため、とても他人事とは思えず、大変さが手に取るように分かります。一日も早く地震活動が落ち着き、復興が進み、日常の生活に戻ることができるよう祈るばかりです。

今回、新しい年が始まったということやお正月という普段よりも少し時間のある中で、このような出来事が続き、私もいろいろ考える機会となりました。やはり、天災はいつどこで起こるか分らないため、身を守るための心構えや具体的な対策など、今一度自分自身に様々なことを問いかけてみる機会になりました。職業柄私達は小さな子ども達と関わる身として子ども達の命を守るために万が一に備え、訓練を怠らないことや、実際起こった場合どのように対応するかなどの具体的なシミュレーションを日常から行っていきたいと改めて思ったところです。

私も東日本大震災時に感じたことは、こういうことを経験することによって、当たり前の日常がどんなに幸せなことなのかと痛感しました。

家族が元気でいること、温かい家があること、ご飯が食べられること、仕事があること。

大抵の人にとっては当たり前のことですが、この当たり前のことが今回のように突如できなくなることだってありますよね。新型コロナウイルスで生活が一変した時もそうでした。

日常の中で、人それぞれ不平や不満も少なからずあることと思いますが、それでもこの当たり前の生活ができることがどんなに幸せなことか、このような機会に実感します。特別大きな良い出来事がなくても、日々の生活の中で当たり前にできていることに目を向け、日常に感謝しながら今年も一年過ごしていきたいと感じた一年の始まりでした。

 

下の写真は先日出かけた時に見た夕日です。

ふと綺麗な夕日だなーと思って見ていたら、夕日を囲んで端と端に虹の始まりと終わりを発見!

IMG_5094 (1)

綺麗な夕日を見たこと、虹の端と端を見たこと、この光景を見ただけで何だか温かい気持ちになり、良い一年になりそうだなとほっこりしました。

良い一年になるのも、そうでないのも、結局は自分自身の心の持ち方しだい、物事の見方や捉え方しだいということもある気がしてなりません。

だからこそ、こんな他愛もない日常の風景にも気付ける心のゆとりを持ち、小さな喜びで心を満たしながら、新しい一年も過ごしていきたいと思います。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

園長   伊勢 千春

 

 

2023年12月14日

12月もいよいよ中盤に入りました。それでも気温は平年よりまだだいぶ高い日が多いようで、半そでや裸足であそんでいる子がいまだ見られています。

仙台市でもインフルエンザによる学級閉鎖や学年閉鎖が相次いでいたり、胃腸炎など様々な風邪が広がったりしているようです。当園でも風邪症状のお子さんは見られておりますが、蔓延するところまでは今現在いっておりませんので、なんとか来週の合唱会、終業式と残る行事が無事行えるよう祈るばかりです。

 

さて、今年度の合唱会も大きな会場を借りての開催となります。

本来なら馴染みのある幼稚園ホールで行えるのがベストですが、以前ホールで行っていた時は観客が一度に入りきれず、本番を2度3度繰り返し子ども達への負担や集中力のやむない低下がみられていました。このやり方はこどもファーストではないねと反省で挙がったのがきっかけとなり話し合いが行われました。観客数の制限と我が子の学年のみの観覧は?との声も挙がりましたが、保護者だけでなく祖父母などたくさんの方に子ども達の歌声を聴いてもらい、成長を感じていただきたいという想いがありました。全ての学年を観るからこそ、我が子の成長も感じられるよねということから、会場を別で借りて、本番は一回勝負!この一回にいい歌声を届けようという現在のスタイルに定着しました。

慣れない場所に、幼稚園のホールよりも緊張はするかもしれませんが、そこは先生達の力量で、少しでもリラックスして歌えるような環境を作っていければと思います。そんな先生達だって立派なホールで指揮をしながら子ども達を束ねたりピアノを弾いたりするわけですから、自分達だって緊張すると思いますが、なんとか先生や子ども達が楽しくいい歌声を届けられるよう、エールを送っていただけたらと思います。

 

年少さんは満三歳児の一学年下の子ども達を含めての発表となります。上記で挙げたように慣れない環境で戸惑う姿も見られると思いますが、毎日楽しく身振り手振りで楽しんでいる姿をそのままご覧いただけたらと思います。家族の顔が見えて涙してしまったりソワソワしたり、逆に舞い上がってしまったりという姿も見られるかもしれませんが、それが年少さんの姿です。そんな姿もご愛嬌♡という気持ちでご覧ください。

年中さんもとにかく元気!大好きな歌を大好きなクラスの友だちや先生と一緒に歌えるだけで大満足しているような、そんな印象を受けています。年長さんに引けを取らないくらい落ち着いて歌えています。ですから本番でも友だちや先生と一緒に、きっと元気いっぱい歌声をお届けできるのではないかと思っています。

そして年長さんはやはり迫力が違います。たった1、2年の年の差で、こんなにも自信に満ちた表情や姿でステージに立つことができるんだ…そんな印象です。このような姿になるには、これまでのクラスでの活動や生活の積み重ねがあるでしょうし、2学期には運動会を経験したり苦手なことにもチャレンジしたり、そういう小さな日々の積み重ねが、子どもたち一人一人の自信となって今の姿があるのだろうと思います。年長児の迫力ある歌声は他学年の保護者の皆様方にも是非ご覧いただきたい姿です。

そして、去年の我が子はこんなだったなーとか、来年の我が子はこんな姿になるのかな…など、子どもの成長を懐かしんだり期待したりしながらどうぞご覧いただければと思います。

 

最後に

先日、年中Yちゃんから「園長先生にお手紙書いてきたよ」と言って一枚のお手紙をもらいました。

IMG_0945

みんなで歌を歌っているところだそうです。

みんなニコニコとっても楽しそう♪ Yちゃんはきっと楽しみながら歌を歌っているのでしょうし、歌を歌っている時、みんながこんなふうに楽しんでいるように感じているのでしょうね。

当日はみんながこんな笑顔で歌えたら最高☆

でも、もしかしたら緊張で顔がちょっと固くなってしまったり興奮して落ち着きがなくなってしまったり。そんな姿ももちろんあるかと思います。それでも子ども達がひとりひとり楽しんでいる姿、一生懸命頑張っている姿を受け止めていただき、温かい目でご覧いただけたら幸いです。

当日は是非ご家族の皆さんでお越しください。

お待ちしております。

 

 

園長    伊勢 千春

 

 

2023年12月05日

少し前に『数に触れる』という内容を載せましたが、数に触れる経験と同様に、言葉あそびや文字に触れる経験は日常生活の中でたくさんあります。

例えば、『しりとり』。

これも小さなうちからでも友だちや家族、様々な人と楽しむことができる言葉あそびのひとつでしょう。年少さんなどはまだ知っている語彙が少ないため、なかなか続かなかったり同じ言葉を使ってしまったりということはあるかもしれません。しかし楽しみながら言葉に親しむことが目標であれば、同じ言葉を使っても良しというルールの時があっても良いと思います。

ここ数日、担任が発行するクラスだよりに目を通すと、まさに言葉あそびを楽しむ内容を載せているクラスがいくつかありました。

IMG_0944IMG_0943

年中のクラスでは、しりとりの答える順番が一人一人にまわっていき、どうしても思いつかない時は「おたすけマ~ン!」と言うと、わかる子が教えてくれるというスペシャルなシステムを導入しながらみんなで楽しく言葉あそびを行っている様子が書かれていました。しかも、まだクラスでしりとりあそびを始めたばかりなので、一度使われた言葉を使っても良しというルールにすると、「まくら」→「らくだ」→「だんご」→「ごま」→「まくら」→「らくだ」→「だんご」→「ごま」・・・と「まくら」から「ごま」までのエンドレスしりとりになり、子ども達が大爆笑になる楽しいしりとりの時間になったと書かれておりました。

また、『あ』のつく言葉や『か』のつく言葉など、最初の一文字を限定して集める『言葉集め』も楽しんでいる様子。「さつゆ」なんていう難しい言葉も出てきているようで、子ども達の語彙が増えたり初めて聞く言葉の意味を知ったりする良いチャンスにもなっています。そして『あ』のつく言葉がいくつ見つけられるかなど頭をフル回転させているようです。

 

そして年長クラスになると、同じ言葉集めでも文字カードを使いながらの少しレベルアップした『言葉集め』も楽しんでいるようです。

一文字だけが書かれた『あ』『い』『う』のひらがなカードを床いっぱいにちりばめ、グループのみんなで言葉を考え文字カードを並べて言葉を完成させるといったものです。あるグループでは「わに」という言葉を完成させたようですが、文字を並べ直してみると「にわ」になることに気づいた様子で「先生!ひっくり返したら!「にわ!」」と大発見したかのように喜んでいたようでした。同じ字を使いながら言葉の並び替えをすると、全然違う言葉になることをヒントに、「とけい」と「けいと」というふたつの言葉を見つけたグループもあった様子。最初は二文字からスタートし、次は三文字、四文字とレベルアップしていきながら、言葉がひらめいた時の喜びやワクワク感を味わいながら文字や言葉に触れられたらいいですね。

まだひらがなが読めなくたってもちろんOK!こうして普段の生活やあそびの中から文字や言葉に触れていくうちに自然と覚えたり、「この字は何て読むのかな」ともっと知りたくなったり。それが今後の興味や意欲につながっていくのです。

『小学生になるから文字を覚えるとか書けるようにする』ではなく、数も含め、こんなふうに文字や言葉にも親しみを持ちながら過ごしていくと、自分の名前から友だちの名前の文字を少しずつ読めるようになったり書けるようになったりしていくものです。そんな環境が作られていくと、絵本にも興味を持ち、これまで読んでもらっていた絵本を、今度は自分で読んでみたくなっていくと思います。

子どもの興味や関心の芽は、こうして生まれ、広がり、大きくなっていくことが自然であり、そんな力を幼児期につけていけたらいいなーと、先生や子ども達の様子を微笑ましく見守りながら日々感じています。

 

 

園長    伊勢 千春

 

© めるへんの森幼稚園. All Rights Reserved.