園長室から

恩師からの最後の学び

私には中学1年生から現在まで繋がっている先生がいます。

中学校3年間の体育を教わり、中1の時には担任もしていただいたT先生です。中学を卒業してからお会いする機会がなかったものの、年1回の年賀状のやりとりはいまだに続いておりました。そしてT先生の娘さんとも仕事を通してつながりがあり、直接的に会っていなくても身近に感じられる存在でご縁を感じておりました。

そのT先生が先日亡くなられたと情報が入りました。

悲報をうけたのは出勤前の朝食中で、こんなにも涙が出るものかというくらい涙があふれ、出勤する前から人にみせられないひどい顔になっていました。数日前からT先生がだいぶ弱ってきているという話を聞いていて、我が家の食卓の席でもその話題が出ていたこともあり、「T先生が亡くなった」とひとこと発し、滅多なことがない限り涙を流さない私が、しゃくりあげながら朝ごはんを食べている姿を見て、家族も状況を察したらしくなにも声をかけずにいてくれました。

 

私は、小さい頃から面白いことやいたずらが大好きで、かなり手のかかるやんちゃな子どもでした。母の手を相当煩わせていたという話は、私が大人になってから嫌というほど聞かされました。

幼少期のなごりが中学生の頃もまだ少なからず残っていたのでしょうか。

T先生との思い出と言えば、ある日の放課後「こらー!千春ちゃん!待ちなさいっ!!!」とT先生がすごい勢いで向かってきたので、体育館の更衣室の窓をとび越え自宅まで走って逃げたことがありました。どうしてT先生が追いかけてきたのか今となっては全く覚えていませんが、すごい勢いで先生が追いかけてきたことだけは鮮明に覚えています。それがT先生との一番の忘れられない思い出です。(今のこの時代にこんなことをしている中学生はいるのでしょうか…(汗))この時の光景が今でも頭に焼き付いています。体育の先生で足も速かったので、必死で逃げ、そのことが私の中では相当楽しかった思い出として記憶に残っています。こんな状況なのにT先生との楽しかった思い出…なんて言っていること自体、今となっては本当に先生に申し訳なかったと反省しています。

T先生は背筋がすっと伸びて姿勢がとてもよく、小柄でしたが威厳があり、注意する時は厳しくビシッ!!と身が引き締まるような雰囲気がありました。しかし普段は大変明るく朗らかで、笑う時は大きな口を開けて豪快に笑い、そんなT先生が私は大好きでした。

 

中学時代の同級生にも連絡を入れ、葬儀にはバスケ部仲間4人と一緒に行ってまいりました。みんな仕事を持っていて忙しい中、しかも急だったのにもかかわらずT先生に最後にお別れしたいとみんなの顔が揃いました。葬儀に行くと、当時同じ中学校で、私も数学や英語、バスケ部顧問でお世話になった先生方もいらしていて、30年以上ぶりの再会でした。

一気に中学時代の思い出がよみがえり、葬儀の後、当時の話が少しできました。ここにいらしていた数学のJ先生からも当時授業中にきっとおしゃべりでもしていたのでしょうが、よくもみあげをグリグリとひっぱられ、おかげさまでわたしのもみあげのあたりはツルツルでした(苦笑)。今ではこのような話は大きな声で言えるものではなくなっていますが、当時の私はそれもまた楽しんでいたように思います。先生にお会いしたのも30年以上ぶりでしたが、その思い出をJ先生に話すと、先生は「えーっ?! 俺、千春の事怒ったことあったか~?!」と大変驚いていました。

同級生達とは、「今思えば、うちらあの時、先生達に悪かったなーってこときっとたくさんしてたよねー。先生あの頃はごめんなさいって今なら素直に言えるよね。」と話していました。この日一緒に行った同級生の中には現在中学校や高校の先生をしている友人もいたので、大人になった今なら先生側の気持ちが痛いほどよくわかるねと話していました。

お焼香の時に近くで見たT先生の遺影のお顔は穏やかに微笑んでいて、またまた号泣してしまった私ですが、ちゃんと感謝の気持ちは伝えることができました。この時いらしていた当時の先生から聞いた話では、体育の先生だったT先生は、生徒の前で見本の倒立ができなくなってしまったことが理由で、55歳の時に早期退職したと聞きました。口頭での指導が中心になる先生はいくらでもいて、まだまだ教師を続けることはできただろうに、T先生は最後まで自分の信念を貫き、生徒に真摯に向き合っていた先生だったと。

中学卒業後、30年たった今、楽しかったことも先生をちょっぴり困らせたことも含め、懐かしい思い出として振り返ることができました。そして懐かしい先生方にもお会いでき、大人になった今、当時の先生方の想いに触れたり、仕事への向き合い方を知ることが出来たりしたのも、T先生のおかげです。そして当時の自分たちの行動を振り返り、今ようやく先生方から卒業できたような気がしていてT先生がこのような時間に巡り合わせて下さったように思います。

そして体育の先生としてのT先生のプライドや仕事へ向き合う真摯な姿勢は、中学校と幼稚園という違いはあるものの、子ども達へ向き合うという意味で同じような立場にいる私にとっては、今後の幼児教育への向き合い方を考える意味でもT先生からの最後の教えとなりました。

T先生は最後の最後まで、やっぱり私の先生でした。

 

新しい年が始まったばかりの悲しい出来事ではありましたが、新しい年にふさわしく、また一から気を引き締め頑張ろうと光もみえた出来事となりました。

 

 

園長    伊勢 千春


カテゴリー: 園だより |
«
»
▲ページの先頭へ